新発売

星の蒸留酒

新感覚awamori
フルーティなカクテルテイスト

泡盛「星の蒸留酒」について

いつもIt made my dayをご利用いただき有難うございます。

このたび新発売いたしました泡盛「星の蒸留酒」ですが、さっそく数多くの皆様から反響をいただいております。
沖縄の焼酎泡盛は現在でも沖縄地方で約80%が消費されており、まだまだ本州ではポピュラーなお酒とは言えません。

これから数多くの皆様にこの「星の蒸留酒」を楽しんでいただきたいのですが、まずは簡単に「泡盛」についてご紹介させていただきます。


★「泡盛」について
泡盛は焼酎の原点と言われています。琉球王国時代にタイまたは中国より伝わったとされる蒸留技術により、琉球独特の黒麹が醸す蒸留酒が生まれました。それが泡盛です。
その後、薩摩藩によって泡盛の製法・技法が本土に持ち込まれ焼酎として広く日本に広がりました。泡盛は日本最古の蒸留酒で、焼酎のルーツのお酒です。
また、泡盛には賞味期限がなく、瓶の中で酒自体が熟成していく世界でも希なお酒です。



また、この「星の蒸留酒」はシー汁浸漬法と蒸留を二度加えることで雑味をなくし、味と香りを引き立てた仕上がりを実現しているのですが、この「シー汁浸漬法」についても少しご説明いたします。



★「シー汁浸漬法」について
「シー汁浸漬法」とは現在の泡盛の製法は、原料である米を洗い、水に漬け、蒸すという順序で造られます。これに対しシー汁浸漬法は、原料米を洗わずに15時間から24時間浸漬します。浸漬液は繁殖してくる乳酸菌などの微生物によって酸性状態になり、独特のにおいを発生する液体「シー汁 ※シーとは沖縄の方言で「酸」のこと」になります。この「シー汁」に含まれる乳酸菌の働きにより、やわらかでコクのある甘みが引き出され、フルーティーで青リンゴのような味わいを実現しています。



いかがでしょうか?

泡盛と言えば、焼酎としても「ちょっとクセが強そう」なお酒というイメージで、これまで手が伸びなかった皆様もおられると思います。
この琉球泡盛「星の蒸留酒」は、そんなイメージを大きく変える新感覚の泡盛ですので是非一度お試しください。

現在、送料無料キャンペーンを実施中です!

お知らせ 一覧へ